プロミス契約期間中に転職した場合再び在籍確認の審査がある?

プロミス契約期間中に転職した場合再び在籍確認の審査がある?

 

プロミス利用中、転職を行なった場合の対応について気になりませんか。

 

転職した場合よ在籍確認について解説します。

 

・在籍確認の目的とは

在籍確認の目的は、

 

◆勤務先を偽って、多くお金を借りようとする嘘を防ぐ

 

◆貸し倒れを防止する

 

だけではありません。

 

実は在籍確認を行う1番の目的は、『テロリスト、ヤクザなどの反社会勢力に所属していないか』のチェックを行なっています。

 

在籍確認で経営実態がある一般的な企業に勤めている事がわかれば、プロミス側の懸念は消えることになります。

 

・転職時のプロミスの対応

転職時に再び在籍確認を行うか否かですが、この対応は人によって変わるようです。

 

プロミスとしては最初に在籍確認を行なっているので、転職の際は効率化の観点から敢えて在籍確認を行わない対応もしています。

 

在籍確認電話がかかってこなくても、心配する必要はありません。

 

・転職と関係なく電話がかかってくる?

プロミスというわけではなく、消費者金融の中には転職と関係なく『定期的に在籍しているか確認をしてくる』ところがあるようです。

 

これは、パート、アルバイトなど長期間勤務しないと考えられる若い人を中心に、在籍確認の電話を定期的に行なっています。

 

勤務先を変えていないか定期的なチェックを行なっているところもありますので、油断はしないようにしましょう。

 

転職した後、プロミスは在籍確認の電話を特に行わないとされています。

 

雇用形態によっては電話がかかってくることもありますので、その場合は快く対応してください。