カードローン審査で恐怖の即審査落ちになる条件とは?

カードローン審査で恐怖の即審査落ちになる条件とは?

 

カードローン審査で即落ちすることはかなりの恐怖です。

 

即落ちという事は検討の余地も無いくらい酷い状況におかれていると言えます。

 

カードローン審査で恐怖の即落ちになる条件について解説します。

恐怖即落ち条件、5社以上の借入社数

借入社数は審査で最も重要とされます。

 

借入社数が多いと、月々の最低返済額も比例して多くなり、必然的に月々の生活は苦しくなります。

 

行きつく先は滞納しがちになった末に、資金ショートを起こし身動きが取れなくなる事です。

 

申込の際に借入社数が5社以上と答えた場合、内容を深く見ることなく恐怖の即審査落ちになるでしょう。

 

5社以下ならいいのかというと、即審査落ちしないまでも3社以上は中々審査に通りません。

 

申込前に借入社数は1社でも少なくなるように努力してください。

総量規制オーバーになる

総量規制一杯まで借りている人は、有無をもいわさず即審査落ちの原因になります。

 

先ずは借金を減らすことから始めなければいけません。

申込しすぎによる申込ブラック

心配性の方は審査に落ちた場合に備え、同時に複数社申し込む人もいるのではないでしょうか。

 

信用情報機関は申込を行った情報を記録する為、同時期に申し込むと他社の動向を把握され、お金に困っているといった印象を与えます。

 

これも即落ちの原因になるので、避けた方がいいでしょう。

金融事故、債務整理の記録がある

長期の延滞を行なっていると信用情報機関に異動情報として記録されます。

 

この記録は殆どの金融機関でNG対象者扱いとなっており、即審査落ちの原因になります。問答無用で失格と判断されます。

 

ご自分の信用情報が現在どうなっているかを知ることはできます。信用情報機関では「CIC」や「JICC」などで問い合わせをすることができます。ふぉちらも手数料は1000円程度です。

 

また、債務整理を行っているのであれば借入は完全にあきらめた方がいいでしょう。

 

即審査落ちの原因は気をつけていれば防げることが多いです。

 

借入社数はあまり増やさない様に、返済は滞らない様にしてください。