正規雇用と非正規雇用だと在籍確認審査はどう違うの?

正規雇用と非正規雇用だと在籍確認審査はどう違うの?

 

キャッシングを行いたいときは、非正規雇用であっても正規雇用であっても必ず在籍確認の審査は行われます。

 

審査において勤務先確認が重要とされているので、在籍確認の電話連絡は確実に行われないと審査に通らないという事態になってしまうのは避けたいところ。

 

非正規雇用だと正社員と違って、総務部も全ての名前を把握していないのではないのかと不安に思う人は多いのではないでしょうか。誰が電話窓口になって対応してくれるのかで状況は変わってきます。

 

非正規雇用者の場合、在籍確認が正規雇用者とちょっと異なる在籍確認の違いについて解説します。

 

・非正規雇用の在籍確認は雇用会社

非正規雇用でも派遣社員の場合、在籍が勤務先でなく派遣会社という事になります。

 

在籍確認の審査は原則、雇用している会社に対して行われますので、派遣会社から派遣されている場合、在籍確認の電話は派遣会社に直接確認の電話がかかります。

 

いつも出勤しているのが派遣先の企業であっても、その会社は勤務先とはなりません。

 

・派遣会社の担当部署に連絡しておく

派遣会社は守秘義務によって登録社員の情報流出を行いませんので、問い合わせをしても簡単には在籍している事を伝えてはくれない場合も多いです。

 

特にキャッシングの在籍確認は企業名ではなく消費者金融の担当者が個人名でかける事が多くなりますので、派遣会社の担当部署は在籍している事を軽々に話すことは無く、そのままの状態ですと在籍確認審査が出来ない事になります。

 

担当部署にあらかじめ「クレジットカードを作るので電話がありますので在籍していますと伝えてください」と連絡しておくといいでしょう。もし消費者金融の担当者の名前がわかっていればなお良いでしょう。

 

会社には出来るだけ秘密にしておきたいと思うかもしれませんが、変に隠し立てすると逆に訝しげに思われてしまったり、通る審査も通らなくなってしまうと損なので、はっきりとカードを作ると伝えるといいでしょう。

 

在籍確認は非正規雇用の場合、苦戦してしまう事が多くあります。

 

クレジットカードを作るのは社会人の場合多くの人が持っていますので、余り気にしないで連絡をして、勤務先に電話連絡のある在籍確認審査を上手に切り抜けてください。