連絡のつき易さはカードローン審査に影響する?

連絡のつき易さはカードローン審査に影響する?

 
消費者金融業者が嫌うことは?

消費者金融から融資を受ける際には審査が必ずあります。審査は、申込者の返済能力の有無を判断するために行われます。

 

その判断材料として、年収の金額や職業などがありますが、中でも業者側が注目するのが、連絡がとれる環境かどうか。

 

連絡が取れなくなるかもしれないということは業者にとってかなりのマイナス点になり、そのような可能性のある人は審査の評価は低くなります。

 

連絡がつくかどうかの判断基準

では、どのようにして「連絡がつきやすいひと」かどうかを判断しているのでしょうか?それは、居住形態の項目で判断されます。

 

賃貸住宅で住んでいる人のケース

この場合、現在の住所は確定していても、のちに引っ越されてしまう可能性もあります。その点で考えると、一戸建ての場合には、その場所にずっと住んでいる可能性が高く、連絡のつきやすさでいうと持ち家の方が評価が高くなります。

 

また同居人がいるかどうかも判断材料になります。もちろんその同居人には知られることなく借り入れをするのが消費者金融の基本ですが、万が一に返済が滞ったという時には、家族に連絡することがあります。

 

そのような緊急事態も踏まえて、加家族が同居している場合には審査の評価は高くなるのです。

 

連絡のつき易さは返済能力と関係するのか

審査は返済能力の有無を判断するためのものですが、連絡がつきやすいというのは返済能力と関係なさそうに思えます。

 

同居人がいるとはいえ、借り入れしたものを同居人が代わりに返済することはないですし、返済可能なはずの範囲でしか融資自体を受けることはできません。

 

同居人がいるかどうかや、居住形態を問うこと自体審査結果に影響することはありませんが、融資をする側のリスクヘッジとして、返済が滞った場合のことを想定して審査を行う必要があるのです。

 

なので、返済能力とは別に返済が滞った際の連絡のつき易さというのは、消費者金融側として重要な検討項目になるのです。そのような点も見られているということを知っておくといいですね。