個人再生はCICに掲載されるって本当?!掲載期間はどれくらい?

個人再生はCICに掲載されるって本当?!掲載期間はどれくらい?

 

個人再生を行った場合、CICに記録されるのでしょうか。

 

仕方なく債務整理を行なわなければならなくなった場合、その一つの方法として個人再生がありますが、それを行った場合、他の金融業者が情報を共有するために情報が記録されるのでしょうか。。

 

個人再生を行った場合のCICでの扱い、いわゆる信用情報機関に記録されるかについて解説します。

 

基本的の個人再生は自己破産と変わらない

個人再生は裁判所に申し出て、家などの一定の資産を維持しながら債務を削減させてもらう方法ですが、基本的には個人再生は自己破産と全く変わらない扱いを受けます。

 

個人再生を行うという事は当初約束していた支払いを行わない事になりますので、当然手続きの準備をした時期から債務は異動情報としてCICに記録されます。

 

個人再生が成立して減免が行われた場合、異動情報が記録されていた債務は支払いの免責が法的に認められたと言った「法的免責」の状態が追加で記録され、一応の決着がついたものとされます。

 

個人再生のCICの記録は5年間

「法的免責」で一応の決着がついたCICの情報ですが 、決着がついたからといって情報は消えるわけでは有りません。

 

CICは5年間の間、情報を保持します。

 

個人再生を行って5年間はこの情報がある為にブラックリスト状態が続き、クレジットカードやカードローン共に新規に審査通過しにくくなります。

 

個人再生は5年間CICに記録されてしまいます。

 

ただ、資産を維持しながら債務を大きく減らすと言った面ではメリットの大きい債務整理方法です。

 

専門家に相談して、よく理解しながら行うようにして下さい。