消費者金融キャッシングを利用するのに保証人は必要なのでしょうか?

消費者金融キャッシングを利用するのに保証人は必要なのでしょうか?

 

消費者金融でのキャッシングは保証人が必要になるのでしょうか。

 

今の若い人たちは保証人や担保などの仕組みを知らないかも知れません。以前は保証人や担保を用意できないとお金は借りることは出来ませんでした。

 

キャッシングを考えるときは誰にも内緒でお金を借りたいですよね?保証人が必要ということは誰かにお願いしなければなりません。

 

消費者金融での保証人制度について解説します。

 

・現在保証人は必要ない

昔の金貸しを題材にした漫画や映画で表現されている消費者金融などでは保証人が必要になる記述が多く出てきます。

 

2000年代前半に起こったサラ金問題によって、消費者金融は制度上、保証人を取ることを禁じられています。

 

そのため現在では消費者金融で借りる場合、保証人が必要と言った業者は居なくなっています。

 

・銀行では必要な事も

一部の銀行で借り換えローンなどを組む時に保証人が必要な場合があります。

 

ただ、ほとんどの銀行も保証人制度の代わりに保証会社をつける事になっているため、保証人が必要なケースは稀です。

 

銀行側でも保証人の審査をするのは別の業務として、保証会社審査に任せる事が多くなっています。保証会社でほとんどのことは調べられるようになっています。誤魔化すことは出来ませんし当然、偽ることもできません。

 

逆に言うと、保証会社に通る信用力が無い人は例え保証人を用意できたとしても銀行からお金を借りる事は出来ない時代です。

 

・保証人から保証会社の時代に

保証人という制度が存在したのは先進国では日本ぐらいでした。

 

他の国は多くは保証会社制度しかなく、他人の債務を肩代わりする保証人制度はトラプルの元としてみとめられていません。

 

日本でも保証人から保証会社に急速に移行しています。

 

消費者金融で保証人は必要ありません。

 

本人確認書類と年収証明書があれば融資可能です。

 

賃貸物件の契約をするのは今でも保証人は必要ですが、それも最近では保証会社に委託するようになってきています。

 

消費者金融の場合、第三者に保証人をお願いしなければならないというような心配をせず、安心して申し込みを行なってください。